翻訳・通訳家のお仕事紹介|沖縄の専門学校・大学を選ぶ・資料請求するなら|ミライチズ

JOB Introduction  Professional people キミにピッタリの職業をさがそう!

翻訳・通訳家

言葉や商習慣の違いを解消する役目

有限会社アンテナ

有限会社アンテナ
桃原マリーリタさん

観光・ビジネス大使!

沖縄県にいらっしゃる外国人の方の通訳や、外国人向けの観光やビジネスのパンフレットの製作をはじめ、沖縄に関する文化や習慣などあらゆる事をそれぞれの言語で伝える仕事です。そのため通訳や翻訳での伝え方によって、外国人が感じる沖縄のイメージが左右されてしまうという責任感が大きい仕事です。

『翻訳・通訳家』になるならこの学校がオススメ!

翻訳・通訳家ってどんな仕事?

通訳、翻訳の仕事には通常、国際会議や国際イベントで行う同時・逐次通訳や外国人に沖縄を楽しんでもらうための通訳などがあります。また翻訳には企業のパンフレットやホームページ、契約書、プレゼンテーション資料など外国人に伝えたい内容の翻訳を手掛けます。翻訳の中には直訳と意訳があり、特に意訳はその翻訳を行う分野についてしっかりと理解しなければならない為、事前に多くの本や資料を読み、知識を深めて準備する必要があり、それによって自然と幅広い知識を身につけることができます。

  • 有限会社アンテナ 桃原マリーリタ

  • 有限会社アンテナ 桃原マリーリタ

  • 有限会社アンテナ 桃原マリーリタ

■ 県内業界の現状

現在、沖縄県内で通訳・翻訳を行っている企業は5,6社ほどですが、実際には個人事務所で通訳・翻訳の仕事を請け負うことが多いのが現状です。
近年ではこの分野でもIT化が進んでいる為、翻訳の際に依頼先のお客様側の翻訳データベースのシステムを使いこなす必要がある場合が増えてきています、現在県内においてこのデータベースを使いこなせる人材が少なく不足している状況なので使いこなせるようになれば、県内だけでなく県外まで仕事の幅が広がります。

■ こんな人にオススメ!

特に通訳のお仕事は、言葉を多く発するので高いテンションを保ちながら物事をハッキリいう人が向いています。また、お喋りな人にもオススメです。どちらの職種にしても事前勉強をたくさんしなければならないお仕事なので好奇心旺盛な方が向いていると思います。

■ 待遇

就業時間は9時?6時、土日、祝日はお休みです。しかし、国際会議やイベントが週末・祭日にあたる場合、翻訳の締切日が迫っている時や時差や祭日の違いなどで土日、祝日、時間外でも出勤する事があります。

ステップアップすると

数多くの仕事を行い実力がついてくると、単に通訳や翻訳を行うだけではなく海外ビジネスの支援など語学を活かして、様々な業務で活躍することができるでしょう。

夢を叶えた人にインタビュー : 翻訳・通訳家 : 有限会社アンテナ 桃原マリーリタさん

有限会社アンテナ 桃原マリーリタ

― 翻訳・通訳家を目指したキッカケを教えて下さい ―

日本語をもっと勉強したい!
私は沖縄生まれの半分海外・半分沖縄育ち。沖縄でもアメリカンスクールに通っていたため、日本語の勉強をしたことがありませんでした。卒業後はアメリカの大学へ行き、日本には戻ってくるつもりはありませんでした。しかし、数年で覚えた私の日本語は中途半端であった為、もっと日本語を勉強したいと思うようになり、しばらく沖縄に残る事を決意しました。
社会に出て始めたのは英会話学校の教師。そこで、13年勤める中で、日本語だけでなく日本の文化やビジネスの方法などを学ぶ事ができました。しかし、仕事が成熟してきたこともあり、転職を決めました。 そして、自分がやってきた事を活かせる仕事はこれしかない!と思ったのが、通訳、翻訳のお仕事でした。

― 翻訳・通訳家の一日ってどんな感じですか? ―

一日のスケジュール
朝9時に出社して、午前中は打合せを行い、午後から依頼を受けた業務を行います。抱えている仕事量にもよりますが午後7時半頃に退社するような流れです。
資料が膨大である時や提出期限が迫っているという時には、時間に関係なく作業をする場合があります。

― 翻訳・通訳家の仕事のやり甲斐は何ですか?逆に、この仕事の厳しさも教えてください。 ―

仕事で多くを学べる!
国際会議での通訳や、意訳をする際には、その分野について多くのことを知る必要があります。そのため、沢山の本を読み知識を深めます。今まで、勉強が好きではなく、ほとんど勉強をした事がない私には大変でしたが、自分が支援したビジネスが成功した時にとてもやりがいを感じます。 大変な事は、例えば報告書の翻訳を依頼された場合、お客様に期限を迫られる事が多くあります。膨大な量の翻訳を短い期限内で終わらせるのはとても大変です。

― 将来、自分はこうありたいというキャリアプランなどありますか? ―

離島にて英語教育!
現在は、通訳、翻訳だけの業務にとらわれるのではなく、英語教育の面にも力をいれています。 個人的に、今後は離島での英語教育にチャレンジしてみたいものです。早い段階から英語教育を行う事で、発想力、創造力を育成し、優れた人材を作り出す事が可能だと感じています。

有限会社アンテナ 桃原マリーリタ

― 翻訳・通訳家をこれから目指す後輩にアドバイスを! ―

人には”成功”は約束されていない。しかし、”成長”は約束されている!
私が20年余りこの職業に就いているなかで、だんだんと成功することよりも成長することが大切だと思うようになりました。 成功は、それぞれの価値観の違いで、見えにくいモノであるが、人の成長は誰が見てもわかるような素晴らしいモノだと思います。その成長を感じるにはいろんな事にチャレンジすることが大事です。失敗してもそこから学べることがたくさんあります。

『翻訳・通訳家』になるならこの学校がオススメ!

夢を叶える為のミライチズ

■ 翻訳・通訳家になるには?

一番重要なのは、実践的に通訳・翻訳が出来るかです。 ボランティア通訳などに参加し、より実践的な英語力を身につけることが重要です。 英語を話す機会は、日常生活の中ではなかなかありません。 実力をつける為には、大学や専門学校で学ぶだけでなく、海外留学するなど早いうちから英語と触れ合う機会をより多くつくることが大事です。 また、語学力を身につけるには、自主的に継続して学んでいく姿勢が必要不可欠です。

『翻訳・通訳家』 を目指すならこの学校がオススメ!

この学校がオススメ!