『建設業経理士』  

建設業経理検定(けんせつぎょうけいりけんてい)とは、財団法人建設業振興基金が実施する、建設業法施行規則第18の3に規定する国土交通大臣登録経理試験である (1級・2級) 。2級以上は経営事項審査での評価対象となる。建設業会計以外の分野については、日商簿記検定にほぼ準じる[1]とされており、合格者の称号は1級・2級は建設業経理士、3級・4級は建設業経理事務士である (2006年4月以降) 。なお、1級は原価計算・財務諸表・財務分析の三科目の試験を5年以内に合格しなければならない。

(建設業経理士:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%BA%E8%A8%AD%E6%A5%AD%E7%B5%8C%E7%90%86%E5%A3%AB)

『建設業経理士』の資格を取得してなれる職業